ベテラン・若手マネージャー対談

ベテラン社員×若手社員対談

図

         左から若手社員(4年目)の島崎さん、ベテラン社員の木村さん

聞き手:本日はお二人に英進の魅力をとことんお話いただきたいと考えております。それではまずは島崎先生に英進に入社された経緯や決め手をお話いただきたいと思います。

島崎先生私は学生時代に桐生に住んでいて、そのころから英進を知っていていたのですが、当時高い実績を出していてから地元の優秀な子が通っているイメージがありました。そして社会人になった時に群馬に帰ってきて仕事を探していたときに「教育関係の仕事」に就きたいと考えていた時に、英進の求人広告を見つけ昔のことを思い出し「高い実績を出している英進で働けたらやりがいがあるのでは」と感じ応募をしました。

AM7J3799

聞き手:具体的にどのような点が入社の決め手でしたか?

島崎先生:塾長とお話させていただいた際に生徒たちのことや、将来やりたいこと、考えなどを塾長が熱心にお話をされたのと同時に、塾長が自分自身の仕事に対する思いや考え方をじっくりと聞いて下さり、そして共感していただいたのが決めてです。

木村先生実際に入社してみてどうでしたか?

島崎先生:入社して初めに「厳しいな」と少し感じました。しかしその「厳しさ」とは皆さんが仕事や生徒さんに対して本気向き合っている証拠だと仕事をしていく中で分かりました。また仕事のこともプライベートのことも気軽に色々と相談に乗ってくれる暖かい人が多いと思いました。何か悩んでいたら「大丈夫か?」と声もかけてくれます。やっぱり洞察力のある社員の人ばかりでいつも生徒の顔を見ながら授業しているだけあってプロフェショナルな人が多いなと感じました。

聞き手:入社してみて良かったなと感じたことは?

島崎先生:社員の仲が良くて、みんなで会社を良くして行こうという一体感があって本当に入社して良かったなと感じることが多いです。そういうような面でとてもやりがいを感じています。また普段から木村先生含め上司の方々が授業面を初め様々なことでアドバイスをいただいております。また仕事面で色々と上手くいかず、行き詰まっていた時も、先輩から励まし支えていただいたことで、頑張れたので本当に感謝しています。そして同時に英進はオンとオフの切り替わりが激しいなとよく感じます。

木村先生社員みんながよく言っているのは「提案が形になる」ということ。私自身若手社員のころから塾長に色々、考えていることや思っていること、やりたいことを話すと、それを「じゃあやってみて」と言ってくれました。そしてそれを後押しやサポートしてくれる環境や文化がこの会社に入社して良かったなと感じ続けていて今後もこの文化や環境は残していけるようにしたいなと感じております。

聞き手:島崎さんは新人時代に木村先生から何か言われましたか?

島崎先生:最初の研修で模擬授業などがあるのですが、かなりダメだしをくらったのを覚えています。毎週木曜の研修時は正直少し辛かったですね。。。でもこの時の厳しい指導があったからこそ今の自分があるのではと感じております。

木村先生本当にうちの会社は仕事に対しては本気でかつ真剣だからね。

聞き手:木村さんはいつも社員さんにお伝えしていることとかはありますか?

木村先生:社員には「常に成長し続けなさい!」と伝えています。やはり生徒さんを教えて、指導していく中で自分自身が日々成長し結果や成果の出せる人間にならなければ生徒さんはついてきてくれません。だからその言葉、想いをとても大切にしています。図

聞き手:英進の社員のサポート体制はいかがですか?

島崎先生:さっきも少しお話したみたいに研修がほかの会社に比べて充実していて、とても実践的だと感じています。たとえば授業だけでなく、生徒との接し方や、定期的な社員研修などがあってフォローの体制は整っていると感じます。同時に日々成長していこうという気概が社員みんなにあり、自分も頑張ろうという気持ちになります。


木村先生
やはり常に授業の質を上げて、結果を出していかなければならないからね!島崎さんは入社したばかりの頃に気をつけていたことはありますか?

島崎先生:入社して間もないころは授業で生徒さんに「全て伝えなければ、教えなければ」という気持ちがありましたが、段々と慣れていくうちに、「生徒さんが良い成績を出せるようにするための授業」を意識するようになりました。

木村先生何をどのように教えるべきなのかの取捨選択ができるようになったってこと?

島崎先生:そうですね。全て何もかもをこちらが教えるのが授業ではないと気づきました。また授業の中で全然授業と関係のない話や大学、高校の話のアイスブレイクなども入れつつ授業を行っています。

木村先生その通りだね。そこは島崎さんの強みだよね。

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞き手:お二人は客観的に英進を見てどんな会社、どんな塾だと思いますか?

木村先生:私自身、長年この職場で働いているので客観的に英進を見るというのも少し難しいですが、私が思うのがまだまだ可能性のある会社ではないかなと考えております。それはとはもっと会社として学習塾として大きくなるという可能性です。

島崎先生:やっぱり魅力の多い社員がいっぱいいる会社ではないかなと思います!AM7J1939

 

聞き手:英進はどんな方におすすめ会社ですか?

木村先生今は未熟でも自分が成長したいなという気持ちがある人ですかね。今から会社に入ってもう一段成長しようかなと思う方にあっていると思います。安定ではなく向上心のある方が向いています。また実際に講師職だけで無く、実力次第で数年で校舎のトップである校舎長に抜擢されるようなやりがいのある職場です。そして先ほども言ったみたいに英進では自分がやりたいと思うことはできる会社です。

島崎先生:英進はたしかに塾ではあるのですが、「人の夢を叶えてあげることができる」「人の人生を良い意味で変えてあげる」ことのできる職場です。そこにやりがいを感じれる方は向いていると思います。AM7J4845

聞き手:山塾長について教えてください。

木村先生人に対して暖かい方だなと感じることが多いです。本当に社員に対しても細かな気遣いを下さるイメージが強いです。そして社長自身は本当に色んなことを学ばれていて、その勉強熱心さには頭が上がらないと感じています。

島崎先生:私のような若手社員からしても本当に身近な存在だと感じています。そしていつもじっくりと私の話に耳を傾けてくれて私にとっては最高のリーダーかなと感じています。

聞き手:今後の夢は何ですか?

島崎先生:社長になることです!!!

木村先生その心意気いいねえ~!!私はどんな小さなことでもいいから自分が一番の分野や自分しかできないことを作っていくことです。また今後もずっと本気で生徒と向き合い生徒の夢を叶えていきたいと考えています。

聞き手:最後にこれから英進に入ってこられる方にメッセージをお願いします。

島崎先生:純粋に子供にものを教えるのが好きでかつ、夢や熱い想いがあって「自分自身を大きくしたい」という思いのあるフレッシュな方をお待ちしております。

木村先生自分の思い描いていることを英進という枠の中でかなえていただきたい。基本的に「子供のため」であれば大歓迎なので、そういう熱い気持ちを持った方にぜひ来ていただきたいと思います。成長の場、機会はご用意いたします!!

聞き手:お二人ともありがとうございました。

 
  • お仕事見学会のお申込みはこちら
  • 応募はこちらから